センター概要

センター概要

本学ではクリーンエネルギーに関する研究を長年にわたり推進してきました。1978年には国内外で初めての燃料電池を研究目的にした「燃料電池実験施設」が発足し、触媒等新材料の開発や人材育成で目覚ましい成果を上げてきました。他方、極低温・高真空の宇宙での生命誕生につながる化学反応の長年の研究を通じ、低温トンネル反応を発見し、工業分野の応用へと展開しつつあります。この二分野の先導的研究成果を背景にして、省エネルギー、地球環境問題の解決に貢献することを目的に、本センターは大学直属の施設として、平成13年4月に新設されました。燃料電池と太陽電池・環境科学の2つの研究部門から構成されています。燃料電池研究部門では、電気自動車、家庭用の固体高分子形燃料電池及びシステムの研究、及び次世代の火力代替発電用の固体酸化物形燃料電池に関する研究を行っています。太陽電池・環境科学研究部門では、革新的太陽エネルギー変換材料の研究及び化学物質の環境化学反応の解明を行っています。

センターの役割

  • クリーンエネルギーに関する先端的基礎研究の実施、および情報交換・発信を行う。
  • 大学、国立研究所等の研究者の受け入れ、あるいは共同研究や共同利用の実施を通して、我が国の基礎研究レベルの全体的向上と、他大学、研究所における人材育成者のすそ野を可及的に広げる。
  • 企業派遣研究者の育成と、共同研究による技術開発の支援を行う。
  • 諸外国、わけてもアジア諸国との将来の協力を見据え、留学生や共同研究者を受入れる。
クリーンエネルギーセンターの目指すもの

パンフレットダウンロード

クリーンエネルギーセンターのパンフレット

PAGE TOP